ホーム事業案内システムインテグレーション > システムインテグレーション事例

MITの事業案内
  • ビジネスフィールド
  • ソリューションサービス
  • システム開発・支援
  • ネットワーク・インフラ
  • ホームページへ戻る

事例紹介:MITシステム開発では、お客さま毎に異なるさまざまなニーズや課題解決に対して、知価創造し最適なソリューションをご提供しています。

今までに提供したソリューション提供の一部をご紹介します。
MITシステム開発はシステムインテグレーターとして、お客様の
ご要望や問題解決の為に、IT支援を精力的に行ってまいります。

事例1:通信販売サイト・バックオフィスの構築/運用

改善内容・提供内容
楽天にて書籍・CD・ゲーム等の販売をされていたが、バックオフィスの使いにくさと、さらなる売上アップを目的に、新規にECサイトを構築されたいとのご要望。
改善内容・提供内容
ECサイトとバックオフィスを構築。お客様がサイト運用を行い、弊社がシステム開発、サーバ保守一式を担当。 社内で使用するバックオフィス機能は、楽天バックオフィスとの連携を実現。サーバはデータセンターにある弊社サーバラック内にてハウジング。お客様は運用業務の効率化と、売上アップを実現。
お客様業種 小売業
プラットフォーム IBM System x
OS Redhat Enterprise Linux ES
SuSE Linux
ミドルウェア Oracle、Tomcat
開発言語 Java、html、Flash

事例2:OLAPによるSS向け販売管理システムの構築

改善内容・提供内容
SSでのPOS販売情報を本部で加工し運用されていたが、さらに効果的な販売促進を目的とし、精度の高い販売情報が必要であるとご要望された。
改善内容・提供内容
OLAPによるPOS売上データの多次元分析システムを構築。必要な切り口の売上情報の抽出と集計を行い、帳票・データの自動・手動出力機能を提供。併せて、仕入管理・顧客管理・在庫管理・出納管理の再構築を行い、運用の見直しによる効率化を実現。
お客様業種 小売業
プラットフォーム IBM System x
OS Microsoft Windows Server 2003
ミドルウェア Microsoft SQL Server 2005
開発言語 Microsoft Visual Studio 2005

事例3:内部統制対応の基幹システム構築

改善内容・提供内容
内部統制のニーズが高まる中、乱立する社内システムのアカウント管理コストと情報漏洩リスクを低減するための施策が急務である。また、使用しているシステムの保守ライセンス問題もあり、早期にシステム刷新が求められた。
改善内容・提供内容
基幹システム内のアプリケーション群を分析し、安全性・拡張性・将来性を確保することを目的とし改善を行った。
  • 基幹システムの利用における、認証方法及び権限管理の一元化
    利用者別の権限管理、パスワード管理を一括管理。
  • 基幹システム利用履歴の把握のためログ管理機能の一元化
    クライアントの操作履歴からサーバーアクセス記録まで、標準の形式で一括管理。
  • Webシステムにおいては、独自ブラウザを提供し、ユーザーインターフェース及び機能の一元化
    日々進化するWebブラウザですが、内部統制を行う上では便利過ぎる機能もあり想定外の操作も発生し得ます。そういった不測の事態を防ぐために、独自ブラウザにより利用機能を制限。
お客様業種 製造業
プラットフォーム IBM System x
OS Microsoft Windows Server 2003 R2
ミドルウェア Oracle
開発言語 VB.NET 2005 ASP.NET

事例4:社内Web情報閲覧制限のシステム化実現

改善内容・提供内容
お客様内にて稼動中である各部門の公開情報、及び社内規定関連の情報についてアクセス制御を行いたい。またそれに合わせ、ホームページ作成ツールのライセンス管理も煩雑になるため、併せて削減したいとのご要望が挙がった。
改善内容・提供内容
オープンソースソフトウェア(OSS)群をもとに実現。 アクセス権限に関しては、アクセス権管理機能の設定による社内の限定公開や、ワークフロー機能の活用により、公開者からの情報公開が可能となった。 ライセンス削減に関しては、OSSを用いた為ライセンス料は発生しない。 そして、HTMLの知識がなくてもWebブラウザからページを簡単に作成・修正・削除することが可能。 また、プログラムのソースコードが公開されているため、カスタマイズの自由度が高い。今回はアクセス件数が1,000以上~が想定されたため、負荷対策も重要な検討事項であり、下記の対策を行った。
  1. リバースプロキシ、キャッシュにより、サーバ負荷を低減
  2. ロードバランサを導入し、アプリケーションサーバの負荷分散
お客様業種 公共
プラットフォーム IBM System z
OS Redhat Enterprise Linux ES
SuSE Linux ES
リバースプロキシ+
キャッシュサーバ
Squid
ロードバランサ Pound
アプリケーションサーバ Zope

事例5:基幹データと連携したPC・携帯Webサイト構築

改善内容・提供内容
企業サイトのリニューアルに伴い、自社クレジットカード会員向けに会員サイトの構築を行った。 毎月郵送しているクレジットカードの利用明細等を会員サイトで閲覧可能にし、印刷物や郵送費用の削減、リボ払い変更や融資申込み、各種書類請求を行えるようにし、利便性の向上と利用者の増加を狙った。
改善内容・提供内容
パソコンとDocomo/AU/Soft Bank携帯3キャリア向けに、企業サイトと会員向けサイトを構築。会員サイト向けに基幹データとの連携を行い、各種データの閲覧や申込みデータの受渡しを自動処理。セキュリティーを考慮し、暗号化した基幹データを利用。着実に会員サイトを利用されるお客様が増えているご様子。サイト公開後も、更なる利便性と使用頻度向上を狙い、提供サービスを増やされている。
お客様業種 金融業
対応クライアント PC/携帯電話(Docomo/AU/Soft Bank)
OS Redhat Enterprise Linux ES
ミドルウェア Oracle
IBM WebSphere Application Server
開発言語 Java、html、chtml
  • システム開発・支援の事例紹介を見る
  • ネットワーク・インフラの事例紹介を見る
このページのトップへ